未分類

ギュギュブラは洗濯可能!洗い方や洗うときの注意点まとめ

投稿日:

ギュギュブラは普通に洗濯機で洗えます。

型崩れやゴムが伸びたりしにくいです。

普通に洗って特に問題はありませんが、ちょっとだけ洗う際に注意点がありますので、その注意点について、お伝えします。

ギュギュブラを洗濯する際の注意点

洗濯ネットに入れて、同系色のものと一緒に洗うようにしてください。

同系色でないと、色移りしてしまう可能性がありますので、ご注意ください。

また、洗濯ネットはランジェリー専用もののほうが傷みにくく長持ちします。

パットは1枚の楕円形になっているため、ブラ専用の洗濯ネットは使えません。

乾燥機はNG

洗濯は問題ありませんが、乾燥機は使用できません。

乾燥機を使ってしまいますと、ゴムが伸びてしまいますし、すぐにダメになってしまいます。

なので、乾燥機は使わずに干して乾かすようにしてください。

ギュギュブラの洗濯頻度は?

洗いすぎると、傷んだり劣化したりするため、あんまり洗いたくないという方もいらっしゃると思います。

ただ、できることなら毎日洗ったほうがいいです。

寝るときにしかつけなかったとしても、寝るときにコップ約1杯分の寝汗をかくと言われています。

冬でも寝汗はかきますので、一晩だけでも、汗がつきます。

それらの汗や皮脂、ボディークリームなどによって、繊維が劣化していきます。

そのため、洗ったほうが長持ちします。

手洗いは可能?

ギュギュブラを手洗いすることもできます。

ぬるま湯に下着用洗剤を混ぜ、ギュギュブラを洗います。

揉み洗いすると、型崩れしてしまいますので、揉み洗いはせず、掴み洗いします。

すずぎはしっかり行うようにしてください。

黄ばみや色落ちの原因となりますので。

すすぎ後、タオルで挟んで水分を取ります。

カップの部分を肌につける方から、脇に向かって伸ばすようにカップの形を整えます。

ギュギュブラの干し方

風通しの良い場所で、陰干しか部屋干しがおすすめです。

干すときに、直射日光に当たる場所は避けましょう。

また、干すときはアンダーバストの部分を洗濯バサミで挟んで、逆さ干しにしてください。

洗濯バサミは、カップの下の伸びにくい部分を挟んでください。

濡れたままですと、重みもあるため、伸びてしまいます。

なので、伸びにくいところを挟むことが大切です。

-未分類

Copyright© モンステラのギュギュブラは楽天に売ってない!販売店はココ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.